• 白山御来光
    白山ご来光

ギターを安く買う方法

ギター

ギターを安く買う方法

ギターを安く買うには

新品の場合

どんな商品を買う時も共通だと思われますが、新品の場合は大きく分けると

・旧商品(型落ち・品くずれ)

・訳アリ品(キズもの)

だと思われます。ギターにおいては、長期在庫品はセールで強制的に処分することが代理店からの指令があるとかないとか・・
ただ、製品としては型落ちでも、木材等のコストダウンで旧商品のほうがクオリティが高かったりするのがギターのフシギで・・

中古の場合

中古の場合は、当然新品より安くなりますが、ギターの世界では「ヴィンテージ」なる魔法の言葉で新品より価値が高まる場合があるので、家電のようにはいきません。

その根拠は、

・木材は時間がたつほど質がよくなってゆく(そもそも木の質も昔の方がよい)という説

・昔の方が作りが丁寧(手間暇がかかっている)

などですが、中古品は購入方法が様々で、お店で買うとか個人売買(ヤフオク・メルカリ)などあります。

だだ、価値が上がるのは有名ブランド(マーティン・ギブソン等大御所)や、有名ルシアーもの(これは別世界)に限られる感じになります。

新品で買う利点

・キレイ

この一点に尽きると思います。ただ、ギターは家電等と違い、使うと必ずキズは入るし、スペックが新しくなるからといって、それがいいとは限らないというところが難しいところです。木材がどんどん枯渇しているっていうところは本当のようです。(どんどん代替材になっている)

中古で買う利点

ワタシは最近は中古ギターしか買っていないのですが、その利点としては・・

・木材が良い(特に2010年代になってからどんどん質が落ちているような気が・・)

・木材が落ち着いて初期の狂いが落ち着いている(かも)

ギターはどうしても弦の張力がかかっているので、新品で買ってどこまで耐えるのかっていうのがわからないところがあるので、中古は前オーナーの扱い次第ですが、3~5年もたてば、初期の経年変化は落ち着いているかと・・

信頼できる店を探す

新品、中古に限らず、お店で購入するには、とにもかくにも信用できる人を探す・・ということにつきます。それにはひたすらいろいろ通う必要があるわけで、特に地方在住の人はツライと思いますが、たまにはお茶の水あたりでギター探しの旅に出るのもまた一興です。多少高くつくかもしれませんが、なんといっても在庫の量が違います。
ワタシはネットで目当てをつけてから回ることにしています。お茶の水の某〇-〇-ズさんでマーティンに一目ぼれしてお持ち帰りしたのですが、帰宅してからネック起きに築いて返品したい旨電話したら快く応じていただきました。本当に感謝しております。こういう対応をしていただいたら、また今度出物があったら今度こそ購入しよう!と思いますね・・

ヤフオク等は・・?

ワタシは結構ヤフオク等の個人売買も利用するのですが、自分の決め事として、

・値段は5万円まで
・商品説明を徹底的に読み込んで、信頼できる人物か推察する

を心がけております。

後は、品質のしっかりしていそうで、あまり人気のないメーカーを選ぶことを心がけています。

しっかり品質管理されているな…と感じるのはやはりヤマハ、モーリス等の日本メーカーです。アリアやヘッドウェイなんかは狙い目かもしれません。といっても新品で10万円以下のモデルは90年代くらいから台湾や中国の工場で生産されています。

それなら一発冒険して新興メーカーの中国製、ベトナム製に挑戦するのもありかもしれません。

実際に私がヤフオクで購入したアリアドレッドノート(日本ブランド、中国生産)、ジョンソン(アメリカ企画、中国生産)は幸運にもアタリといえるものでした。

ただ、オークション等で入手したギターはネックのソリ、弦高調整などのセッティングを見直すのは前提として購入すべきです。最初の1本ならば信頼できる楽器店で購入するのをオススメいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました