アコギの巨人たち(和③)山崎まさよし ハイテクニック系弾き語り⁉ 

アコギの巨人たちギター

アコギの巨人たち(和③)
山崎まさよし(やまざき まさよし)

ハイテク系弾き語り?

ギターマニアのみならず、一般の音楽ファンにも絶大な人気を誇る(昔コンサートに行ったら、女子だらけでビックリしました💦)山崎氏であります。

一時80年代に完全に下火になったアコースティックギターがMTVアンプラグドによって息を吹き返し、ステージで使えるアコースティックギターのピックアップの発達とともに、新世代のハイテクニックをもったアコースティックギタープレイヤーが登場するようになりました。

山崎まさよしはブルースをルーツに持ちながら、9th,11thといったテンションコードを多用したスタイルで新世代の象徴となりました。

アコギで弾きたい(聴きたい)山崎まさよし

有名なバラードです。やはり、代表曲と言えばこちらになるのでしょうか。

山崎まさよし初主演映画(!)である『月とキャベツ』の主題歌でもあります。

ハイテクニックを持ちながら、メロウなバラードが得意ってのもずるいですねぇ・・

created by Rinker
¥3,344 (2024/04/17 23:13:45時点 楽天市場調べ-詳細)
セロリ

SMAPが取り上げたことで有名になりました・・

てっきりSMAPに提供したのかと思っていたら、それ以前に自曲として発表していたのだとか。

このテンションを含んだコードをパーカッシブにカッティングしての弾き語り、カッコよかったですね~

Fat Mama

アルバム『HOME』のスタートナンバーで、ライブでも必ず演奏される曲です。当時、アコギで弾きたおしているのを見てビックリこきました(°Д°)

山崎氏はエレキもギブソンしか弾かないイメージがあったんですが、最近はストラトなんですね~、さすが万能ギター。

↓本人が弾き方解説してくれてます。

home

山崎まさよし HOME

上記3曲を含んでいます。私的に名盤だと思ひます!


僕はここにいる

1998年の日本テレビ系ドラマ、『奇跡の人』(山崎まさよしドラマ初主演!)の主題歌です。ヒロインは松下由樹だったんですねぇ・・

Passage

山崎氏お得意のバラードです。
オープンハイコードをいかしたイントロが印象的な一曲です。

ライブでは軽妙なトークと、シリアスなバラード・・
そりゃ、女のコ受けしますわな~・・ズルい!

↓またまたご本人の解説が!

山崎まさよし入門に!

山崎まさよしのギター

山崎まさよしといえばギブソン!なイメージで、アコースティックギターはトレードマークの’59サザンジャンボ、’57J-45や、30年代とおぼしきL-0が有名です。

この人がブレイクしたせいで、ヴィンテージのギブソンが有名になってしまい、すっかり値上がりして、現在では程度のよい50年代ギブソンのジャンボ(J-45、J‐50、サザンジャンボ等)は軒並み100万円オーバーっていうような感じです。

ギブソンは現代のモノでも個体差が激しく、ヴィンテージともなれば、さらに扱われてきた環境がそれぞれ違いますので、信用できるお店で見せてもらいましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました