• 白山御来光
    白山ご来光

ギター

アコースティックギターなどの解説をします

ギター

マイギター列伝⑦ ’97 ラリヴィー C-03

ラリヴィー(Rarrivee)社はカナダのギターブランドで、1970年代にジャン・ラリヴィー氏が創業した新興メーカーのひとつです。氏は職人を育てるのがうまいのか、その工房からは、リンダ・マンザーやグリッド・ラスキン、川上祐介氏など数多くの有名個人製作家がこの工房から独立しました。
ギター

ギターを安く買う方法

ついついギターをコレクションしてしまう悪いクセがあるワタシがギターを購入する際に気をつけている点を公開いたします。 新品もいいですが、新しいといいかというとそうも言えないのがギターというものの不思議なところです。
ギター

サムピックについて

サムピックとは、主にフィンガーピッキング、中でもスリーフィンガー奏法など、親指の音をクリアにしたい時に使用します。 しかし、指先に異物を装着して演奏する・・というのは、難しいものでして、昔から削ったり、あぶったり、涙ぐましい努力が重ねられてきました。
ギター

フラットピックについて

ピックを選ぶときは、ひたすら楽器店でさわってみて、素材感や仕上げ、シェイプを吟味するのですが、だいたいプラスチック系の素材で作られているため、新しい素材が開発されるたびにピックの種類もどんどん増殖していくという有様で、今では一枚500円を超すような高級ピックまであるほどです。
ギター

マイギター列伝⑥ ’89 オービルバイギブソン レスポールモデル

この一風変わったブランド名は、本家USAギブソン社がすでに日本市場で「フェンダージャパン」として成功していたUSAフェンダーのライセンス生産企画を後追いした、いわば「ギブソンジャパン」とでもいう成り立ちでした。上位機種が「Orville by Gibson」で、下位機種は「Orville」というロゴになってました。
ギター

マイギター列伝⑤ ’99 ギブソン EARLY J-45

「J-45」のJは“ジャンボ”を表しており、シリーズの始まりは1934年に遡ります。1942年にデビューし、現在に至ります。 “The Workhorse”というニックネームが与えられており、その名の通り泥臭く働き続けるギターとして、装飾は最小限にとどめたベーシックなギターといったコンセプトであったようです。
ギター

マイギター列伝④ ’11マーティンD-28 カスタム

「マーティン」っていうと、スゴイ高いお値段の割には装飾は5万円のギターみたいだし、ぼったくりなのか・・?と思って敬遠していたのですが、やっぱりマーティンにしか出せないいわゆる「鈴なり」みたいなのがあるようなカンジがいたします。
ギター

マイギター列伝③ ’08ヘッドウェイHD-115SP

マイギター列伝③ '08ヘッドウェイHD-115SP ヘッドウェイとは マスタービルダー百瀬恭夫が1977年にスタートしたHeadway Guitarsは長野県に工場をかまえ、高品質なギターを生産していましたが、1983年に工場が火...
ギター

マイギター列伝② アリアドレッドノート AD-SH/CST BS

「アリアドレッドノート」は昔からOEM生産(日本の量産ブランドはほとんど)で、2000年代に中国生産で復活しているらしいのですが、この時代のはけっこうなクオリティーで作られているものが多いので、手頃な値段で良質なギターを探している方はねらい目かもしれません。
ギター

マイギター列伝① Johnson JO26

ジョンソンというギターは、ギブソンのカスタムショップを監修してた人が中国の工場で監督してるので、安心安全!っていう触れ込みのギター。 実売¥60,000ほどだったにもかかわらず、総単板、ネックに至ってはツギのない一本もの!というハイスペックで、「逆に怖くて信用できないな・・」と思ったものでした。
タイトルとURLをコピーしました